萬年屋六代目蔵元便り

塩こうじレシピ =アボガドのサラダ=

2012年05月29日

塩こうじを洋風のサラダに使いました。
お客様が来た時に出したら、美味しいと評判でした (^^)

DSC00255

材料:
  玉ねぎ・人参・レタス・アボガド・レモン汁(あれば)・塩こうじ

作り方:
1.  たまねぎ・人参をスライスして、水にさらしておく
2.  アボガドは2センチ角に切る
3.  1に塩こうじとマヨネーズ・レモン汁を入れて混ぜる。
4.  最後にアボガドを入れて、再度混ぜる。

アボガドは始めから入れて混ぜると形が崩れてしまうので、
あとから入れてサクッと混ぜると良いです。

クラフトフェア

2012年05月28日

 

週末は、松本クラフトフェアに出展していました。
お天気もよく、たくさんの方がいらしていました。
DSC00505

全国から集まった工芸作家の作品をいっぺんに見られ、あれこれ選んで買えるのがこれがこのフェアの魅力ですね。

クラフトフェアはあがたの森公園という、とても広い公園で行われますので、人がたくさんいても、広々としていて、あちこち歩くと楽しいですよ。

こんなものが売ってました。

思わず全部欲しくなるようなミニチュアの家々や、木のスプーンを貼り付けたパネル

DSC00507 DSC00506

ちなみに萬年屋は一家総出で販売。4歳の長男は戦力にはなりませんでしたが(苦笑)、良い子でテントの中で遊んでいて、小2の長女は頑張ってくれました。
定番の味噌・漬物の他にきゅうりの一本漬けが大盛況で、下の写真はお客様の波ががいったん途切れた時にようやく撮れました。

DSC00509 DSC00510

味噌の賞味期限

2012年05月15日

食品を買ってくると、必ず賞味期限が書いてありますよね。
賞味期限とは、「買った時と同じ味」の期間という規定があり、
当店の味噌も、お買い上げ頂いた時から半年を賞味期間としています。

確かに、味噌も半年も経つと発酵が進み、色や香りが少し変わってきます。
でも、食べられなくなるわけではないのですよ。
食べられなくなるどころか、そのまま二年おくと二年味噌になるので、
賞味期限を過ぎたからと言って、味噌は捨てないでくださいね。

賞味期限は、味噌にはなじまない制度です(苦笑)

長期間放置しておくと、保存場所に拠っては、カビが生えたり、水分が抜けてカピカピになったと聞きますが、
その部分だけをとれば、残りは召し上がれます。
ただ、風味が落ちるので、その時は他の味噌と混ぜて、合わせ味噌にすると良いですよ。


それからもうひとつ変な話。
その場で量り売りをするときは、賞味期限を明記しなくて良いのです。
予め袋詰めしてあると、賞味期限を明記しなくてはならないのですが・・・

全く同じものなのに、ほんとにおかしな話です。 お役所仕事ですね。

つぶやき?

2012年05月07日

GWも仕込みも終わり、普通の生活がもどりはじめ、ほっとしている私。
このブログも、お店とかのお堅いブログだけでなく、
今流行の「つぶやき」も始めたいなぁと思い、そのサブタイトルを考え始めたけど・・・

・つぶやき → そのままやんけ
・徒然雑記 → ちょっと堅い?
・松本便り → 蔵元便りに女将便りじゃ能がない

等々、色々考えたけど無い知恵働かせても、だめみたい。
もう少し考えてみます・・・

味噌の中に入れておくだけで、劇的にうまいつまみになる食材

2012年05月06日

豆腐・卵黄・カマンベールチーズなどなど、ちょっと食べてみたくなります。
おつまみにいかがですか?!

リンクがうまく貼り付けられず、「右クリック→リンクを開く」でリンクして下さい。
今度、勉強しておきます。

http://matome.naver.jp/odai/2133162449839639401/

韓国テレビの取材を受けました

2012年05月05日

糀の特集番組を作るそうで、それにあたり、味噌玉造り味噌の取材に来ました。

味噌玉造りは奈良時代に大陸から伝わった最も古い味噌の製造方法です。
韓国はまだ味噌玉造りで味噌を作っていて、日本にも同じつくり作り方をしている味噌屋を探していたそうです。

日本であちこち探したけれど、ほとんど味噌玉造りをしている味噌屋はなく、ようやくうちを探し当ててくれました。 (日本は味噌玉にしない製法がほとんどです。製法の違いは「味噌玉の仕込み 最終章」を参照してください。)

韓国の方が昔ながらの作り方を伝承しているのですね。

 

DSC00108

 

DSC00114-1

味噌玉の仕込み 最終章

2012年05月04日

仕込みもようやく最終過程になりました。

⑦ カビの生えた味噌玉を水に入れて柔らかくしてから洗います。

DSC00145

 

⑧ 一つ一つ丁寧にたわしで洗い、味噌玉の溝(割れ目)にあるかびは、ヘラでかき出します。
    この作業は、立ち仕事で、水も使い、力を入れて洗うので、仕込みの中でも大変な仕事です。

DSC00128

 

⑨ 洗った味噌玉はきれいな水で洗い流し、機械で砕きます。
砕いた味噌玉に、糀(こうじ)・塩・水を加えて混ぜて、
秋まで温度変化の少ない土蔵で熟成させると完了です。
(下の写真は糀を入れているところです。)

DSC00195

以上が味噌玉造り味噌の仕込み方です。3月から仕込が始まり、ようやく終わります。
秋には美味しい味噌になっていますので、楽しみにしてくださいね。


最後に、味噌玉造り味噌と普通の信州味噌の違いは製造法の違いです。
普通の味噌は煮大豆にすぐ糀・塩・水を混ぜるので、製造工程は①→②→⑨のみで、
仕込みも1日で終わります。

何日も手間ひまかけて造るのが味噌玉造りなんですよ。

駐車場 無料でご利用いただけます (松本城徒歩3分)

2012年04月28日

萬年屋は松本城まで 徒歩3分 、パルコまで 徒歩10分、松本駅まで  徒歩15分の所に
立地しています。(城東2-1-22)

お店で商品を1000円(税抜)以上お買い上げのお客様には、 店の裏にある
片端町ガレージを無料でご利用いただけます。
(9:00〜17:00内、何時間でもOK)

お買い物の際にその旨お伝え頂き、お手数ですが移動してください。
または、先に片端町ガレージに駐車して、お店に来て頂いても結構です。

clip_image002

例えば、
* 松本城や市内観光に行かれる観光客のお客様
* 市内にショッピングに来られた方
* 市内に通勤している方

当店でお買い物をして、観光に行かれたり、ショッピングされたりしたらいかがですか?
松本城には市の無料貸自転車もありますので、車を置いて、自転車で市内観光も良いですよ。
特に、連休や週末など、車場が空いていない時はぜひぜひご利用下さい。

 

地図画像

味噌玉の今 その2

2012年04月21日

これは4/8に仕込んだ味噌玉です。
前回のと比べると、表面にカビが生えています。
カビの生え方は、味噌玉にした後の気候が作用します。

前回に比べ1週間遅いので気温が高くなっているのと、
乾かす場所にもよってカビの生え方がこんなにも違うのです。

これは、洗うのが大変 (-_-;)ふう・・・

このまま仕込むとかび臭くなるので、
水に漬けて柔らかくし、一つ一つ手で洗ってから
仕込みます。

その様子は次回にアップしますね。


DSC00134

味噌玉の今

2012年04月19日

⑥ 3/30に仕込んだ味噌玉が、
乾燥してこんな状態になっています。

底に少しだけカビが生えていますが、
今年は仕込みの時期から寒かったので、
ほとんどカビが生えずに、きれいな味噌玉です。

3週間ほど経つので、この味噌玉を洗って砕いて仕込む頃です。


DSC00122