商品のご紹介

酪酸菌入りの味噌って、どんな作用があるの?

2020年08月03日

984cba5f9f2340c83a811d8ac3fc0512_s

腸内フローラ。
私が調べてみました。 

人間の腸には約1000種類、約1000兆個もの菌が生息していて、
腸の中で生態系のようなものを作る腸内細菌と上手に付き合うと、
健康面でも美容面でも、体にとても良いと言われています。

腸内細菌は大きく分けて、
*「善玉菌」
*「悪玉菌」
「日和見菌」に分類されるそうです。

いわゆるそれらの
「腸内フローラ」のバランスを整えることで
♡ダイエット
♡美肌
♡お通じの改善などの効果が見込める
ので、

話題になっているようです。

読み進めていくと・・・

酪酸菌はダイエット効果が高い菌として知られる! 

これだ!

ダイエット効果があって、
定期的に摂ることでやせ体質に導いてくれる菌
だから、
美しくなることに敏感な女性たちからの
ご注文を頂いている

・・・という結果ですね。

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

他にも、腸内フローラに酪酸菌が多いと、
★アレルギー症状などの緩和
★免疫力の向上に効果があることがわかっており、

美容・健康業界でいま注目の集まっている菌です。

ぬか漬けにはこの酪酸菌のほか乳酸菌も含まれている。
野菜をそのまま食べるよりも栄養価がアップするので、ぜひ積極的に取り入れたい。との事。

ぬか漬けは毎日食べないけど、味噌汁なら毎日飲めるので、
酪酸菌を取りやすいという事ですね。

私もお勉強になりました。
販売しているのに、知らなければ恥ずかしいですものね。

下北沢の発酵デパートメントに納品!

2020年07月30日

7/25 信濃毎日新聞

7/25 朝日新聞

なんと言うタイミング!

先日お会いした小倉ヒラクさんが、
新聞に掲載されていました。

ラジオの収録の時にお話ししただけですが、
味噌はもちろん発酵食品のことに関して
とても知識が豊富で、気取らない方でした。

先日のラジオ出演がきっかけで、
新聞にも載っている小倉ヒラクさんがOPENさせた
「発酵デパートメント」で
萬年屋の味噌を販売することになりました。

一般的な信州味噌の「天醸」が今販売されています。
今後は味噌玉の味噌も販売されるかも?!

ぜひ下北沢のお店にもお立ち寄りください。

辛!ウマ! 醤油こうじ

2020年07月29日

今日の一品。

 

暑いときには、冷奴に限りますね☀️
萬年屋では、唐辛子入りの醤油麹を店頭販売してます。

これが冷奴にのせて食べるとおいしい❤️

醤油 一升
糀  一升
唐辛子🌶一升

これを全部混ぜて、二か月程熟成させます。

辛い🌶お醤油だと思うと何にでも使え、
辛いもの好きの私には欠かせない調味料です。

直接ご飯🍚にのせて食べたり、
納豆に入れたり、
マヨネーズと合わせてスティック野菜🥒にでもおいしいです。

ホームページから販売できるように、
ただ今、依頼中です❣️

2枚目の写真は、糀の仕込みの様子です。

萬年屋はもとは糀屋から始まったので、原料の糀も自分たちで作ってるんですよ💪

★★★★★★★★★★★

信州は松本で、江戸時代より190年近く続く老舗味噌蔵です。

店頭では見られない工場等をご案内。

本店の間口は狭いですが、奥へ奥へと細長く続き、その先に味噌や漬物の工場、土蔵があります。

この年月を経た建物だからこそ、萬年屋独特の味が作れます。
維持していくことが、とても重要です。

萬年屋の米も育ってる!

2020年07月28日

 

松本市四賀の棚田です。
萬年屋の棚田🌾はこの写真の少し下になります。

人間🧑の世界とは関係なく、
植物🌿はすくすくと伸びている事に
力強さ💪を感じると同時に、

昨年と変わらぬ景色がある事に安心しました🙌

今年は棚田のオーナーが集まって田植えをすることもなく、
少し寂しいですが、稲刈りの頃はおさまっていることを願います。

go to トラベルとまではいきませんが😅
ちょっとした旅行気分になりました。

 

萬年屋の大豆が育ってる!

2020年07月28日

 

萬年屋がオーナーになっている棚田を見てきました👀
松本市四賀にあり、萬年屋から車で🚗30分位のところです。

緑に囲まれ川も流れ、
梅雨の間の晴れた日でしたので、とても清々しくなりました。

去年は田植えや稲刈りもやったのですが、
今年はコロナの関係で農家の方にお願いしています。

大豆🌱はすくすくと育っているようで、
新芽を見ているとこちらまで元気が出ました⤴️

棚田のオーナーになって、改めて分かったことがあります。

作り手がわかるという事は、まずは食の安全につながります🙍‍♂️

そして、広い視野でみると地元産の原料を使うと言う事は、
里山の風景を守ることにもなります。

環境問題を難しく考えがちですが、
「地元産の原料を使ったものを買う」と言う事だけで、

農業の衰退に歯止めがかかり、
里山を守っていることにつながります🗻

棚田🌾のオーナーになり、自分たちで原料から作るようになった
だからこそ、わかったことなんですよ😅

身近なところから地球🌎にやさしいことを
して行けたらと思っています。

NHKイブニング信州

2020年07月13日

実は、4月にNHKイブニング信州の撮影がありました。

そのまま動画はアップロードできないので、
スライドショーにしてご紹介します。

パソコンでDVDの映像を映し、
画面印刷で写真にした後に
ハードディスクに落として、
パワーポイントに張り付けて編集し、
YouTubeにアップして、音楽を入れています。

ここまで来るのには四苦八苦しました。
リアルタイムでご紹介したかったのですが、
ちょっと無理でした。
努力の成果をご覧ください(苦笑)

味噌の仕込み19 糀と塩・水を混ぜる

2020年07月12日

 

 

味噌玉に糀と塩と水を混ぜます。
一般的な味噌でしたら、大豆を煮た後にこの工程です。

今までブログでいうと、味噌玉にしない味噌は
「味噌の仕込み4」の次は19です。

味噌玉で造ると手間がかかるというのは、
こういう事なんですよね。

ですので、戦後は家庭で仕込む人がいなくなりました。
誰だってこんなにも手間をかけて味噌を仕込むのは面倒ですしね。
味噌にだけこんなに時間は取れない。
私でもそう思います。気持ちはとても分かりますよ(^^♪

味噌玉の味噌が食べたい時は、
ぜひ萬年屋へ(笑)

 

味噌の仕込み18 味噌玉を砕く

2020年07月11日

洗った味噌玉は機械で砕きます。  

家庭で作っていたころは、
臼と杵でお餅のようについた程、
乾燥して固くなっています。

もちろん落としても変形はしません。

砕く機械はチョッパーと呼んでおり、
半世紀前の物ですが、
なにせ鉄でできているので、非常に頑丈で馬力が強い!

今、同じものを購入するとしたらステンレス製で、
軽いですが寿命は20〜30年だそうです。

ある程度で壊れてもらわないと、メーカーもあがったりですね。
壊れないことを願っています。

 

味噌の仕込み17 カビを食べる?!

2020年07月10日

前回の補足ですが、

上の写真で分かる通り、味噌玉の底にはカビが生えています。
科学的に調べてみても、このカビは人には害のないカビです。

それでも、カビの部分は取り除き、
裂け目に生えたカビもヘラで掻き出します。

昔から、

「味噌玉にカビを生やしてから仕込む」
と言われてきています。

先人達は、こんなカビの生えたものをよく食べてみたと思って、
頭が下がる思いです。

私たちが今、このようなカビの生えた乾燥大豆を
洗って熟成させて食べようと思うでしょうか・・・(笑)

★カビが生えたら捨てる。(私もしています)
★カビが生えたものを食べたら、お腹痛くならないか心配になる。
★カビが生えた食品は、絶対に劣化してると思う。

現代の私たちはこう考えるところを、
よくまあ、カビが生えた食品を食べようと思ったと思って、
その勇気に完敗です(笑)

伝統製法の良い所ですね。

味噌の仕込み16 味噌玉を洗う

2020年07月09日

味噌玉は熟成するとかなり固くなり、
床へ落としても割れない程です。

煮大豆ですが、水分が抜けているのでこんなに固くなるのです。
昔はこの味噌玉を臼と杵を使って砕いたほどです。
包丁やマッシャーなどは、全く役に立たない固さです・・・!

もちろん水に漬けてもすぐには溶けません(^^♪
1時間〜2時間ほど水につけて、
カビを浮かした後に、洗います。

家庭で仕込んでいたころは、
カビごと仕込んでいた家もあったのですが、
カビが付いたまま仕込むと、
かび臭くなるので洗ってから仕込みます。

とても地味〜〜〜な作業で、
1000個以上の味噌玉を毎日洗います。
音楽でもかけてやりたくなる仕事ですね。