萬年屋六代目蔵元便り

たくあんの季節 その3

2018年11月26日

大根を天日干しにすると、水分が抜けて全体がしぼんでいきます。
上の写真で左側が干して3日たった後。

右側の大根は梁の一番上までありますが、左側になると水分が抜けて上に空間が出来ているのがわかりますよね。天日干しにすると、こんなに水分が抜けるのです。水分が抜けると黄色っぽくなるのもわかりますでしょうか。

この写真は干して1週間ほどたった頃。こんなに小さくなりました。
上がずいぶんと空間が出来ていますよね。
このくらい干しあがったら、次は糠に漬ける段階です。

今年は天気が良かったので1週間ほどでしたが、天気が悪い年は2週間くらいかかります。
機械化せずに昔通りに漬けているので、お天気任せなんですよ。

機械干しでないから、灯油も使わず、いたってエコ!
エコ商品で登録しようかな〜(笑)

たくあんの季節 その2

2018年11月26日

沢庵を干すのは井桁に組みます。写真をよくご覧ください

   

大根は天日干しにすると水分が抜けて、次第に間が出来て崩れてきます。
崩れないために、5段重ねたらロープをひもで縛り、「たが」を作りながら干します。

写真のピンク色のひもがわかりますか?それが「たが」の部分です。
たがは重ねた大根か崩れない様にきつめに縛り、
たががかかったすぐ上の1段目の大根は小さめの大根、

次第に大きくして5段目になると、大きくて太めの私の足の様な!大根。
5段重ねたらタガをはめ、小さい大根→大きい大根と軒のすぐ下まで重ねます。
それを延々と繰り返すと、大根カーテンの出来上がりです

もくもくと作業しますが、案外楽しいものです。
大根を選びながら、一本一本重ねていくと一つのタワーが出来上がり!

子供が積み木を高く高く重ねていくのが楽しいのと、同じ感じでしょうか。
達成感もありますよ〜!

たくあんの季節 その1

2018年11月26日

    

秋は漬物を漬ける季節です!まず第一弾はたくあん。

萬年屋では、堅大根(かただいこん)と言われる、20cmほどの短い大根をたくあん様に使います。

普通の宮重大根(青首大根)よりも、きめが細かくて密度が高い気がします。
この短さが沢庵になったときに、よく漬かり美味しいポイントではないでしょうか。

天日干しにするのには家庭用にざるで干していると、場所も足りないので、
写真の様に軒先にカーテンの様につるして干します。

軒にロープを渡し、大根を井桁に組みながら重ねていくと、
ほら!きれいに大根のカーテンができました。

月イチ講座のお知らせ 即席みそ汁“みそまる”作り

2018年11月26日

月イチ講座のお知らせ

日時:12/12(水) 9:30〜11:00

講座: 即席みそ汁“みそまる”作り

場所:萬年屋本店(城東2-1-22)

定員:6名

持ち物:エプロン・三角巾・出来上がったものを持ち帰る箱又はタッパー

駐車場:2台分店舗前にあり。
    店舗裏なら何台でも可(ただし、入り口が狭いです)

講座の内容

☆店内にある味噌を食べ比べた後、即席みそ汁を作る 

だしと具材を味噌で混ぜて写真の様な即席みそ汁を作ります。
可愛い箱をお持ちいただければ、まるでお菓子の様な出来上がり!

一度覚えておけば、小学校のクラスレクレーションでも活用できます♪

まるでキャンディーかチョコレートの様な即席みそ汁

ぴあMOOK 続き

2018年11月01日

ぴあMOOK 
「城の絶景」というだけあって、表紙は白鷺城。

松本城は黒い漆塗りで「からす城」と言われるのと対照的に
姫路城は真っ白。
一昔前の「暴れん坊将軍」のオープニングでの撮影が、
この白鷺城だったと思います。
年齢が良くわかりますね(苦笑)

この本は写真がとてもきれいです。
松本城も見慣れているはずなのに、
写真で見るとまた一段と黒光りする感じです。

   

松本城は先週から一気に紅葉が始まり、
アルプスの常念岳に少し雪がかかりました。
まだ、寒くないですよ〜!!

迷っていらっしゃる方、
一度は松本にいらしてくださいね。

ぴあMOOKに載りました!

2018年11月01日

「城の絶景 さんぽ旅」に
萬年屋が紹介されています。

ぴあMOOKからの発行で、松本城近くのお店が紹介されています。
その中に、萬年屋も載っていますので、ぜひご覧ください。

本店は松本城から徒歩5分もかかりません。
裏の工場からは、松本城の天守閣が見える近さです。
「月見の宴」や「花見の宴」などの時は、フルートや笛の音色、
古式鉄砲隊の催し物があると、パパーンという銃砲が
聞こえてくる近さです。

お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。

本店まで足を延ばす時間のない方は、
大名町店はお城からの目抜き通りにあり、徒歩2分に位置しています。
こちらは、観光客向けに、お土産品もたくさんご用意しております。

ちょっと宣伝でした。

みそ汁に「意外と合う具」

2018年10月21日

前回の続きです。10,000人アンケートで、

みそ汁に「意外と合う具」です。

 1.トマト⇒ トマトと生姜の味噌汁
 2.かぼちゃ⇒ かぼちゃバターの味噌汁
 3.さつまいも⇒ サツマイモとネギの味噌汁
 4.納豆⇒ 納豆ネギの味噌汁
 5.レタス⇒ レタスと油揚げの味噌汁

 

単品でも良いですが、
こんな感じにすると美味しいでしょうか。

そういえば、私も子供のころ納豆が食べられなかったのですが、
親戚の家に遊びに行ったら、ご飯に納豆と味噌汁をかけて食べていて、
それを真似したら、それ以来納豆が食べられるようになりました。


レタスの味噌汁は我が家でもよく食べます。

煮立ったらさっと入れ、シャキシャキの食感を楽しみます。
生野菜が苦手な娘も大好きな具です

また、味噌汁に「意外とよく合う献立」は

 1.カレー
 2.トースト
 3.パン
 4.スパゲッティ で、

中でもダントツはカレーだそうです。

特に富山・宮城・秋田などの東北地方は
全国平均の2倍の指示を得ているとなっています。

みそ汁が好きな都道府県としては、

 1.北海道
 2.東京
 3.長野
 4.岩手
 5.青森

私としては、東京が2位とは意外でした。

北海道は何を入れても美味しそうだし、
長野県は全国の味噌の50%を生産しているし、
東北も長野もは冬が長くて寒いから、
体の温まる味噌汁が欲しくなる気がするし・・・

みそ汁は古くて新しい。
最先端をいく東京でも、味噌汁が好きな人が多いとは、
なんとも嬉しいことです。

がんばれ!味噌汁!
皆さんも試してみて下さい

10,000人アンケート みそ汁の具

2018年10月20日

味噌組合からのレターに面白い記事がありました。

「うちの味噌汁」応援プロジェクトを味の素が始めました。
その中のアンケート、全国みそ汁10,000人調査で

みそ汁を多くの頻度で作っている人たちは

  • 野菜がたくさん取れる
  • 時間をかけずに手早く作れる
  • 家族の好きな具材を入れる
  • 家族の健康を考えた具材にする
  • 栄養バランスの良さ

こんなことを意識していることが分かったそうです。

また、味噌汁によく使う具材は

 1. 豆腐
 2. わかめ  
 3. 油揚げ
 4. ねぎ
 5. 大根 

といった一般的なものが人気ですが、
都道府県別の具材の好みとしては、

  • 北海道・四国・沖縄⇒ たまご
  • 鳥取・島根⇒ しじみ

と、特徴が出ているそうです。
しかし、たまごが日本の北と南で人気とは面白いですよね。

続きはみそ汁に「意外と合う具」です。

次回をお楽しみに!

味噌の保存方法 常温?冷蔵?

2018年10月16日

お客様からのよくある質問です。

味噌はどうやって保存をするのが良いのか!?

答えは
基本的に味噌は常温保存が出来ます。

販売店舗を見ればわかりますが、
どこでも常温で置いてあります。

スーパーマーケットの棚を思い出してみてください。
冷蔵庫には入っていませんよね♪

DSC02063

ただ、常温で保存をすると発酵食品ですので、熟成し続けています。

味の変化が気になる際は、
開封前ならそのまま、
開封後はタッパー等に入れて、
冷蔵庫で保管するのが良いかと思います。

味噌に含まれる麹菌は20度以下では活動しませんので、
冷蔵すると熟成せず、味の変化が抑えられます。

冷凍でも良いですが、冷蔵で大丈夫です。

ただ、先にも書きましたが、味噌は常温保存が可能です。
常温で保存すると熟成が進み、色や風味に変化が生じますが、
それは熟成後の味としてお楽しみいただけます。

もちろん冷蔵庫に入りきらない際は、外に出して保管しても大丈夫です。

萬年屋の味噌でいうならば、
天醸をさらに一年常温保存したが、長熟になります。
変な言い方をすれば、天醸の賞味期限切れが長熟になるのですよね。

賞味期限は、「開封した時と同じ味」という定義の元に
義務があるので表示していますが、
期限が切れたからと言って、腐るものではありません。 

正直なところ味噌に賞味期限はなじまないと思っています。

味噌は常温で保存すると味も香りも変化し、
一年後には違う味の味噌になります。

これが、発酵食品の面白い所ですね。

賞味期限が切れても、捨てないでくださいね!!

月イチ講座のお知らせ 甘酒作りと飲み比べ

2018年10月12日

日時:11/14(水) 9:30〜11:00

講座:甘酒の作り方&甘酒のカクテルジュースの飲み比べ

場所:萬年屋本店(城東2-1-22)

定員:6名 持ち物:エプロン・三角巾

駐車場:2台分店舗前にあり。
    店舗裏なら何台でも可(ただし、入り口が狭い)

講座の内容

☆あまざけの作り方を見る。
 受講者は作らずに、糀を持ち帰ってもらい、自宅で作ってもらいます。

 甘酒の作り方は説明すると簡単で、
 糀に60度のお湯を入れて、6時間保温する これだけです。

 実際は甘酒づくりには保温時間が6時間程かかりますので、
 初めの部分のみの講習となります。その旨ご承知ください。

☆あまざけにジャムを混ぜたりお茶で割ったものを飲んでもらう。

 甘酒 (2)

なぜ、甘酒づくりの講座を行うかというと、


「甘酒を作りたいけど、どうやったらよいかわからない」
「どのくらいお湯を入れたらよいのか?」
「お湯の温度は60度と言われても、温度計がない」

「作ったけど、甘くならない」
「作ったら酸っぱくなった」

という声が多く、初めの部分だけでも、
実際に見ってみたいというお客様の要望から始めました。

作り方は簡単ではありますが、
温度管理が慣れるまで難しいのですよね。

私も何度か失敗して、
甘くならなかったり、焦げ目がついて茶色の甘酒になったりしました。

一度覚えると、簡単ですので
初めのやり方を覚えていただきたいと思います。