10月, 2018年

味噌の保存方法 常温?冷蔵?

2018年10月16日

お客様からのよくある質問です。

味噌はどうやって保存をするのが良いのか!?

答えは
基本的に味噌は常温保存が出来ます。

販売店舗を見ればわかりますが、
どこでも常温で置いてあります。

スーパーマーケットの棚を思い出してみてください。
冷蔵庫には入っていませんよね♪

DSC02063

ただ、常温で保存をすると発酵食品ですので、熟成し続けています。

味の変化が気になる際は、
開封前ならそのまま、
開封後はタッパー等に入れて、
冷蔵庫で保管するのが良いかと思います。

味噌に含まれる麹菌は20度以下では活動しませんので、
冷蔵すると熟成せず、味の変化が抑えられます。

冷凍でも良いですが、冷蔵で大丈夫です。

ただ、先にも書きましたが、味噌は常温保存が可能です。
常温で保存すると熟成が進み、色や風味に変化が生じますが、
それは熟成後の味としてお楽しみいただけます。

もちろん冷蔵庫に入りきらない際は、外に出して保管しても大丈夫です。

萬年屋の味噌でいうならば、
天醸をさらに一年常温保存したが、長熟になります。
変な言い方をすれば、天醸の賞味期限切れが長熟になるのですよね。

賞味期限は、「開封した時と同じ味」という定義の元に
義務があるので表示していますが、
期限が切れたからと言って、腐るものではありません。 

正直なところ味噌に賞味期限はなじまないと思っています。

味噌は常温で保存すると味も香りも変化し、
一年後には違う味の味噌になります。

これが、発酵食品の面白い所ですね。

賞味期限が切れても、捨てないでくださいね!!

月イチ講座のお知らせ 甘酒作りと飲み比べ

2018年10月12日

日時:11/13(水) 9:30〜11:00

講座:甘酒の作り方&甘酒のカクテルジュースの飲み比べ

場所:萬年屋本店(城東2-1-22)

定員:6名 持ち物:エプロン・三角巾

駐車場:2台分店舗前にあり。
    店舗裏なら何台でも可(ただし、入り口が狭い)

講座の内容

☆あまざけの作り方を見る。
 受講者は作らずに、糀を持ち帰ってもらい、自宅で作ってもらいます。

 甘酒の作り方は説明すると簡単で、
 糀に60度のお湯を入れて、6時間保温する これだけです。

 実際は甘酒づくりには保温時間が6時間程かかりますので、
 初めの部分のみの講習となります。その旨ご承知ください。

☆あまざけにジャムを混ぜたりお茶で割ったものを飲んでもらう。

 甘酒 (2)

なぜ、甘酒づくりの講座を行うかというと、


「甘酒を作りたいけど、どうやったらよいかわからない」
「どのくらいお湯を入れたらよいのか?」
「お湯の温度は60度と言われても、温度計がない」

「作ったけど、甘くならない」
「作ったら酸っぱくなった」

という声が多く、初めの部分だけでも、
実際に見ってみたいというお客様の要望から始めました。

作り方は簡単ではありますが、
温度管理が慣れるまで難しいのですよね。

私も何度か失敗して、
甘くならなかったり、焦げ目がついて茶色の甘酒になったりしました。

一度覚えると、簡単ですので
初めのやり方を覚えていただきたいと思います。

 

銀座NAGANO 進出!

2018年10月11日

この度、

東京銀座5丁目にある長野県のアンテナショップ
銀座NAGANOで萬年屋の味噌を扱うことになりました!

SCN_0006  SCN_0008

取り扱う商品は200g入りのおためし味噌

伝統味噌玉造り 豊麗 378円
自然熟成 天醸 324円
二年味噌 長熟 324円

この3点です。

  • 一度試しに食べてみたい!
  • 送料かかるのはもったいない!
  • テレビに出ていた味噌はこれか!

などなど、取り寄せるほどでもない、
松本に買いに行くなんて、もっとありえな〜い!

と思っているお客様、
チョット割高にはなっておりますが、一度召し上がってみてください。
お気に召せば、また直接お買い上げくださいませ

銀座NAGANOには、行かれたことありますか?
身びいきではありますが、なかなか洗練されたアンテナショップです。
一度ぜひお立ち寄りください。