12月, 2013年

三代揃い踏み

2013年12月27日

私事ですが、今年は長男の七五三でした。
大きな木樽の前で、男三代(五代目・六代目・七代目)揃い踏みです。

DSC03829

 

今年も一年お世話になりました。また来年もよろしくお願い致します。

DSC03760

赤かぶが真っ赤に漬け上がりました

2013年12月12日

DSC03906

真っ赤な赤かぶが出来ました。いつみても鮮やかな赤ですよ。

沢庵作り 番外編

2013年12月10日

今年も子供達が大根の前で遊んでいました。木工をやる!と言い出し、そこら辺にある木と釘と金槌で何か作っていました。なかなか絵になるものですね。

DSC03699

こうじが出来上がりました

2013年12月09日

糀の仕込みが終わりました。室での作業は高温多湿のため、カメラが曇ってしまい撮れずに残念。次回撮るように何か考えます。
今回出来上がった糀は、とてもとても上手にできました。お米一粒一粒にまで麹菌がついて、胞子がふわふわのとても良い糀です。

室ふた1枚は1升=1.5kgです。一升桝で量って一枚一枚入れていくのですよ。写真を見ればわかりますが、普通の桝と1升桝と比べてくださいね。

1kg入り900円、500g入り450円ですので、ご購入されたい方はメールまたはお電話下さい。
info@mannenya.ne.jp ℡0263-32-1044

こうじの仕込み

2013年12月06日

漬物の仕込みが終わったと同時に、今度は糀の仕込みが始まりました。
糀は4日間にわたって行われます。
1日目:米洗い
2日目:米蒸し→麹菌をつけ、製麹機(せいきくき)に入れる→室入れ
3日目:一日、室での作業。午前中は製麹機(せいきくき)から、室蓋へ盛り込み→
            午後 糀にうねをつけ、蓋をする
4日目:室だし。蓋を取り、室から出す。

写真は2日目の作業のところです。蒸し米をシャベルでベルトコンベアーに移し冷ましながら、製麹機に入れていきます。
この時に麹菌が米1粒1粒に付くように、手で混ぜながら製麹機に入れます。

untitled untitled

赤かぶ漬

2013年12月06日

ようやく赤かぶの収穫期なり、手に入りました。赤かぶは一年に一度しか出回らないので、沢庵漬けと重なるこの時期が勝負です。赤かぶを一つ一つ手で洗い、傷みそうなところは包丁で取り除きます。葉っぱの根本に土がこびり付いていたり、蕪に土がめり込んでいたり、これがなかなか大変な作業で、半日洗うと体中が痛くなります。沢庵漬けている方が楽かなぁ。。。

赤かぶを一度塩漬けにすると、色が抜けるのですよ。初めて漬けたときは、色が抜けてしまった・・・・とギョッとしましたが、これが不思議。酢に漬けると赤く鮮やかに色が復活するのです。まるで手品みたいですよ。次回は赤く染まった赤かぶの写真をご紹介しますね。

DSC03871 DSC03874

沢庵作り その3

2013年12月05日

干した大根を漬けこみます。沢庵の重さを量り、それに合わせて、糠・塩・柿の皮・なすの葉を入れて漬けます。
なすの葉はこの時期になると、八百屋さんで売ってるので買ってきます。柿の皮は売ってもいるのですが・・・家に柿の木があるので、それを取ってせっせと食べて干しています。たくあん仕込む前に柿を食べなくっちゃ!!という、状況です(笑)

2月頃になると食べられます〜。今ある沢庵は年内くらいでなくなりそうなので、しばらく品切れです。すみません。

沢庵つくり その2  大根干し

2013年12月03日

沢庵用の大根を干しました。今年は一度に大根が入荷したので、大変でしたが、見応えのある風景となりました。今年は赤かぶ漬けも同時期に重なり、毎日、漬物造りに追われていました。もう少し早くアップできればよかったのですが・・・

大根は干すときは井桁に組んで天井ぎりぎりまで入れるのですが、乾いてくると、かさが減り次第に上の方がスカスカになってきます。それもご覧ください
今年は天気も良く風もあったので、1週間ほどで乾きました。2週間近くかかる年もあるのですよ。