女将の仕事って?! その2

2018年03月07日

昨日からまた考えました。なかなかの宿題です。


私は何をやりたいのか・・・。
新しいことってなんだ?

どうして江戸時代から続いているのか・・・

まずは店の事。
萬年屋は味噌玉造りの味噌が看板商品です。

昔は味噌玉で造っていたのですが、

戦後の物のない時代には
一年に一度しか仕込みができない味噌玉造りでは、
商売が成り立たず、
みそ玉にしない味噌を造って販売していたと聞きました。。

その後経済成長の時代に入り落着きを見せた頃、
先代の社長(義父・写真下)が、
今後は何か特徴のある萬年屋だけの味を造らないと、
店が続かなくなると考え、

味噌玉造りを復活させたと言っています。

味噌玉造り

おかげさまで弊店でのお取り寄せ下さる方の
7割程が味噌玉造りの味噌です。
義父は先見の明があるなと思いました。

時代に合わせて、

新しいものを取り入れるだけでなく、

古いものを復活させるまたは

古いことを継続させると、

今の時代にとっては新しいことになる。

そう思いました。